ホーム > リハビリテーションについて > NEURO(脳卒中後の手指の麻痺治療法) > TMS(経頭蓋磁気刺激)治療

診療受付日時

月~土
午前 8:30 ~ 午後 12:30
午後 1:30 ~ 午後 4:30
休診:日曜・祝日

急患の方は24時間診察いたします。
午後5:00~午前8:30は救急外来入口よりお入り下さい。

所在地

〒123-0853
東京都足立区本木1-3-7

交通アクセス>>

TMS(経頭蓋磁気刺激)治療

経頭蓋磁気刺激(TMS)治療とは?

経頭蓋磁気刺激(Transcranial Magnetic Stimulation 以下:TMS)とは、写真のような八の字型コイルなどを利用して、垂直方向に発生させた磁力により、大脳を局所的に、ほぼ無痛性に刺激する手法です。
この手法は、元々検査目的で用いられていましたが、近年になり、TMSを反復して行うことにより、脳の活動性が変化することが明らかとなりました。

低頻度TMSのコイルの当て方

低頻度TMSによる効果

当院の治療では、1秒間に1回という低頻度の刺激を、病巣がない側の大脳(健側大脳)に行います。

低頻度刺激は、刺激を与えた部位の神経活動を抑えると報告されています。このため、図のように、健側大脳に低頻度TMSを行うと、健側大脳の活動が抑制され、病側大脳にかかる半球間の抑制が低下します。
その結果、機能代償を担うとされる病巣周囲の組織が抑制から開放され、活性化されることが期待されます。
このことは、リハビリを行うにあたって、有利な条件となります。